写経の代表である般若心経を詳しく説明しています。般若心経の本、サンスクリット語の本、大谷徹奘さんの本、玄奘三蔵の本、父母恩重経の本写経用紙、写経セット、などの通販も行っています。

初めて写経をする人のための般若心経意味解説 アカデミー賞本木が明かした 「納棺師」と「役者」の共通点
おくりびと ストーリー(概要)| ホーム | WBCに臨む原ジャパン 最終登録メンバーとなる28人の侍を選抜。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカデミー賞本木が明かした 「納棺師」と「役者」の共通点

アカデミー賞本木が明かした 「納棺師」と「役者」の共通点


2月23日20時6分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090223-00000002-jct-ent

 第81回アカデミー賞の授賞式が米ロサンゼルス・コダックシアターで2009年2月23日(日本時間)に行われ、本木雅弘さん主演の「おくりびと」が外国語映画賞を受賞した。本木さんが演じたのは新人「納棺師」だ。実際の「納棺師」から指導を受けて、「役者に通じるものがある」「ものすごい緊張感で大変ですね」という感想を述べたという。映画で注目を集める「納棺師」とは、どんな仕事なのだろうか。

■「葬儀は一回きり。失敗したら取り返しがつきません」

 国内の映画賞をほぼ総なめにし、第81回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞した「おくりびと」(滝田洋二郎監督)。本木雅弘さんが演じる主人公はチェロ奏者だったが、夢をあきらめて田舎の山形県庄内平野に妻(広末涼子さん)とともに帰る。そこでひょんなことから「納棺師」になり、仕事を通して人間として成長していく姿が描かれている。原作は青木新門氏の「納棺夫日記」(文藝春秋)で、青木氏自身が冠婚葬祭会社で納棺に携わった経験が元になっている。本木さんはこの本を気に入り、映画化を強く望んだという。

 映画を観て、初めて納棺という仕事を知った人も多いようだ。遺体を拭いて清め、着付け、メイクアップをし、きれいな状態にして棺に納める。事故などで遺体が傷ついている場合は、修復や復元もするという大変な仕事だ。

 映画で納棺技術を指導したのが、株式会社納棺協会(北海道札幌市)。現場に立ち会ったという堀江満取締役本部長は、こう語る。

  「モデルの衣類を脱がせ、着付け、顔剃り、メイクの一連の作業を本木さんにやっていただきました。クランクイン前から練習を始め、山形のホテルでも熱心に練習をしていらっしゃいました」

 また、本木さんは納棺師と役者の仕事に、こんな共通点を見い出したという。

  「葬儀は一回きりで、本番勝負。失敗したら取り返しがつきません。そういうところが役者に通じるものがある、とおっしゃっていました。また、限られた時間内に作業を進めなければならず、ものすごい緊張感で大変ですね、と感心されていました」

■限られた時間で適切な処置施すには経験がものを言う

 なくてはならない、大切な仕事だが、周囲の誤解を受けることも多い。映画の中で、広末さん演じる妻が、夫が「納棺師」の仕事をしていることを知り、「けがらわしい」とののしるシーンがある。介護や看護の仕事に興味がある若者が納棺の仕事を知り、人の役に立ちたいと目指すが、家族に反対されて止めてしまうことは実際にあるそうだ。

 最近は葬儀屋が納棺をすることがあり、「納棺師」の仕事が減っている。

 「納棺師」の会社、オフィストウセ(富山県)に勤務する50歳の男性は、

  「昔に比べて葬儀屋や葬祭場のスタッフが納棺をすることが増えて、今は1日1件仕事があればいい方です。きれいなご遺体は誰も処置できるため、事故などで傷ついたご遺体の方が多く回ってきます。警察で作業をすることもあります」

と明かし、映画で見るよりもキツイ仕事のようだ。

 片方の瞼がなかなかふさがらず、綿花を入れて、やや開きぎみに閉じさせたり、傷が有る顔にはリカバリファンデーションでカバーしたり、と遺体の状態によっていろんな処置をする。棺に入れるまで30~40分しかなく、迷っている時間はない。親族が見守る中、限られた時間で適切な処置を施さなければならず、経験がものを言う。

 大変な仕事だが、故人の最期に携われる仕事で誇りを持って働いている人が多いのも事実。男性は「これからも、気持ちの入った納棺を続けていきたい」と話している。



納棺師」という仕事は今まで世に知れ渡ることは少なかったが、じつは「納棺師」として活躍している人は本当に多いことが言える。人間誰しもが訪れる死に直接接する「納棺師」。言葉で言うのは簡単だが、かなり大変な仕事である。「納棺師」の仕事場は亡くなった方の目の前である。家族が見守る中で粛々と仕事をこなす「納棺師」。
おくりびと画像2おくりびと画像1

決して晴れやかな職場ではない。家族からしてみれば最後の旅立ちを見守りながら「納棺師」の1つ1つの動きに注目する。「納棺師」からすれば見られるのである。そこで、どれだけ心を込めて仕事をするのか、気持ちを集中させるのか、まさに失敗の許されない尊い行いの連続、それが「納棺師」の真髄ではなかろうか。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おくりびと ストーリー(概要)

 プロのチェロ奏者として東京のオーケストラに所属していた小林大悟。しかし、ある日突然楽団が解散、大悟程度の奏者は掃いて捨てるほどい...

  • From: 初めて写経をする人のための般若心経意味解説 |
  • 2009/02/23(月) 23:20:23

納棺夫日記 (文春文庫) (文庫)

納棺夫日記 (文春文庫) (文庫) 出版社/著者からの内容紹介 \"死\"と向い合うことは、\"生\"を考えること。長年、納棺の仕事に取り組んだ筆者が...

  • From: 初めて写経をする人のための般若心経意味解説 |
  • 2009/02/24(火) 01:36:03

この記事に対するコメント

ブログ拝見いたしました。
参考にさせていただきます。
またお邪魔します。

  • 投稿者: 葬儀マナー磨き中
  • 2009/05/31(日) 20:00:50
  • [編集]

Re: タイトルなし

> ブログ拝見いたしました。
> 参考にさせていただきます。
> またお邪魔します。

コメントありがとうございました。


また、いつでもどうぞ。

  • 投稿者: ほんちゃんです
  • 2009/06/01(月) 14:08:48
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

おすすめ写経用品

フリーエリア

当サイトへのリンクについて

当サイトはリンクフリーです
■相互リンク申込みは下記よりどうぞ

初めて写経をする人のための般若心経意味解説の管理人へ連絡する
相互リンク(テキスト用)のリンクは下記をお使い下さい。

バナーをご利用の方は↓をお使い下さい! ブログバナー

フリーエリア

カテゴリ

トップページ (0)
サイトマップ (0)
リンク集 (0)
写経について (25)
筆の選び方・新しい筆のおろし方 (1)
写経の準備 (1)
写経の書き方 (1)
墨の含ませ方 (1)
写経のお手本 (1)
写経筆の種類 (1)
墨が残った場合 (1)
写経セット (1)
使用後の硯 (1)
写経に向く硯 (1)
写経用紙について (1)
写経に適した墨とは? (1)
墨をする際の水の量と墨の磨り方は? (1)
写経Q&A (1)
写経関連用語 (1)
写経の種類 (1)
書写した用紙の処置 (1)
筆の持ち方 (2)
写経筆の寿命 (1)
般若心経を唱える (2)
腕の構え方 (3)
第0章 般若心経の簡単な訳 (3)
般若心経漢訳 (1)
般若心経意味・訳文 (1)
般若心経書き下し文 (1)
第1章-1 般若心経とは (4)
題名の意味その1 (1)
題名の意味その2 (1)
題名の意味その3 (1)
題名の意味その4 (1)
第1章-2 般若心経のストーリー (4)
はじめに (1)
序文 (1)
本文 (1)
結文 (1)
第2章 観自在菩薩さまはどのようにして苦しみを克服したのか (16)
観自在菩薩さまはどんな仏さま? (1)
般若心経  行深 (1)
般若心経  般若波羅蜜多 (1)
般若心経 私たちが苦しみを超えるためには6つの方法 (0)
布施 (1)
持戒 (1)
忍辱 (1)
精進 (1)
禅定 (1)
智慧 (1)
般若心経 時 (1)
般若心経 照見 (2)
般若心経 五蘊皆空 (2)
般若心経 度一切苦厄 (1)
般若心経 舎利子1 (1)
第3章 苦しみの根元がわかれば、幸せへの道が見えてくる (9)
般若心経 色不異空空不異色色即是空空即是色受想行識亦復如是 (1)
般若心経 舎利子 (1)
般若心経 是諸法空相 (1)
般若心経 不生不滅不垢不浄不増不滅 (2)
般若心経 是故空中無色無受相行識無眼耳鼻舌身意無色声香味触法無限界乃至無意識界 (1)
般若心経 無無明亦無無明尽乃至無老死亦無苦集滅道無智亦無得 (3)
第4章 苦を取り除くための考え方とは (9)
般若心経 以無所得故菩提薩捶依般若波羅蜜多故 (2)
般若心経 心無罣礙無罣礙故無有恐怖 (2)
般若心経 遠離一切顛倒夢想究竟涅槃 (3)
般若心経 三世諸仏依般若波羅蜜多故得阿耨多羅三藐三菩提 (2)
般若心経 故知般若波羅蜜多是大神呪是大明呪是無上呪是無等等呪 (0)
般若心経 能除一切苦 (0)
般若心経 真実不虚 (0)
般若心経 故説般若波羅蜜多呪 (0)
第5章 「羯諦羯諦」はお釈迦様の励ましの言葉 (0)
般若心経 羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶 (0)
父母恩重経 (13)
現代語訳1 (1)
現代語訳2 (1)
現代語訳3 (1)
現代語訳4 (1)
現代語訳5 (1)
現代語訳6 (1)
現代語訳7 (1)
現代語訳8 (1)
現代語訳9 (1)
現代語訳10 (1)
現代語訳11 (1)
現代語訳12 (1)
現代語訳13 (1)
時事ネタ (14)
大谷徹奘 (9)
おすすめの本 (3)
写経に関する商品 (174)
(0)
般若心経に関する商品 (150)
延命十句観音経 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示


おくりびと ストーリー(概要)| ホーム | WBCに臨む原ジャパン 最終登録メンバーとなる28人の侍を選抜。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。