写経の代表である般若心経を詳しく説明しています。般若心経の本、サンスクリット語の本、大谷徹奘さんの本、玄奘三蔵の本、父母恩重経の本写経用紙、写経セット、などの通販も行っています。

初めて写経をする人のための般若心経意味解説 おすすめの本
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おくりびと [DVD] おくりびとのレビュー

おくりびと [DVD]おくりびと [DVD]
(2009/03/18)
本木雅弘広末涼子

おくりびと [DVD]商品詳細を見る


 秀逸。 余計なシーンやせりふがない。 納棺師本木さん、山崎さんの、指先まで全神経を集中させたような、きめ細やかな演技

  映像は、この日本のくにの、四季の情景描写が、ただ、ひたすら美しい。 そしてこの映画を支えるもうひとつの要素。 チェロの旋律が随所に、叙情的に、川のせせらぎのように流れ、心が清められるような気さえした。 職を失ったチェロ奏者大悟は、故郷山形に帰り納棺師に。

 悲しみに沈む遺族の前で、ご遺体を美しく整え納棺する、崇高なる儀式の遂行者。 当初この仕事を拒絶した妻も、大悟がかれの友人の母の納棺を厳粛に執り行うのをみて、この職務が人間愛がなくてはできない、立派で気高いものだと理解し始める。。。

 ラストがこの上なく、印象深い。 妻子を捨て、実に30年ののち、ひっそりとんだ大悟の父(故・峰岸徹さん)。 その父の納棺を、大悟が自らの手で行うとき、父の手中に握られていたものとは。。。

 別離していた父子の心が、最後の、本当の最後に、やっと通い合うような、静かな場面が、みるものの胸をうってやまず、感動の余韻を、いつまでも、心に残すのだ。。。 公開直後、本当に亡くなられてしまった峰岸徹さんに合掌。

 人はやがてぬ。人は死者をおくり出し、やがて自分もおくり出される。すべてのひとに平等に訪れる、その、静寂のとき。 ひとが生き、やがてぬことを真摯に受け止めさせられ、「おくる」、「おくられる」そのときと、人生の時間の大切さを、しみじみと考えさせられた。

  みるものの魂に静かに染み入るような、美しく、情緒的で、そして品格の高い、日本映画の秀作の中の秀作。 星6つにも値する、私達にとって、とても大切な作品ではないかとおもいます。

 ぜひとも、多くのかたにご鑑賞いただきたいです。 私の祖母は、生前まったく化粧っ気がなかったのだが、納棺師さんによって、息を呑むほど美しくなった。この映画に出てくるガンで奥様を亡くした男性が「あいつ、今までで一番きれいだった」と言った場面と、当時の祖母の姿がだぶり、胸が熱くなった。     


 この映画は、は決して悲しいものではなく、ましてや不浄なものでもないということを真っ直ぐに物語ってくれている。しかも変に美化することもなく、「この世に生を受けたものはやがて土に帰るのだ」という自然の法則や「自分たちはすべて宇宙とつながっている」という、我々の生命のつながりに対する思いを呼び覚まさせてくれる。    


 そんな感動と同時に、世間での職業差別や偏見にもスポットを当てている。本木さん演じる大悟も妻に「汚らわしい」と避けられる。納棺師と同じく、電車事故等の死体を処理する人もそんなふうに思われているのではないか?皆が嫌がる仕事をして、何で差別されねばならないのか?警察官はよくて、なぜ処理係は駄目なのか?  

 また大悟が山崎さん演じる佐々木に「んだ人を触る僕達は白い目で見られて、んだ動物や魚を触る料理人達は世間に歓迎されるのは何でですか?」と尋ねる場面があるが、それに対し佐々木は「人間に限らず、大抵の生き物は自分のを保つため他のを犠牲にする。そういうにはみんな目をつぶるのだ」と答えていた。  

 つまり、自分が生きていくためには弱肉強食という大義名分のもとに見て見ぬフリができるが、事故現場や納棺では、死者本人から自分自身のに対する恐怖を投影させてしまうから目を背けようにも背けられない。故にそれに耐え切れず嫌悪感が湧いてくるのだろう。  



 この映画は、そんな人間(生き物すべて)の悲しい性を、納棺師という職業を通してじっくり考える時間を与えてくれる、崇高な作品だ。しかも、悲しいだけじゃなく、送る側と送られる側に「ありがとう。さようなら」「いってらっしゃい。また会おうね」と希望で心を潤わせてくれる作品でもある。  

 最後に、この映画のタイトルを平仮名で「おくりびと」としたのは素晴らしい感性だ。日本語の持つやわらかさ、美しい響きがストーリーを一層引き立てている。




 アカデミー賞外国語映画部門で「おくりびと」が最優秀賞に輝いた。暗いニュースが多い中大変明るい話題です。これからの日本映画の歴史に燦然と輝く快挙ですね。  

 これまでのカンヌ映画祭ベルリン映画祭では最優秀作品賞受賞がありましたが、アカデミー賞ではご存じ初です。最近では、03年山田洋二監督「たそがれ清兵衛」が本選ノミネートされた時も大きなニュースになりましたが、今回は大賞受賞。本当におめでとうございます。

 一映画ファンとしてとても嬉しく思います。  また、これまで世界の舞台での受賞作品は「侍」が活躍をする時代ものが多かった。本作はお葬式を舞台にした、これまで世界に好まれた作品とは全く異なるストーリーである。そのような意味でも高い評価になるのではないだろうか。

 本作は映画だけではなく、小説、そしてマンガにもなっている。  そういえば、先日の直木賞受賞作品「悼む人」も「」をテーマにした作品でした。

 五木寛之氏の評価で、が軽んじられている時代、出るべくして出たというようなコメントがあったように思いますが、映画おくりびと」そして「悼む人」それぞれ若者がに向き合う作品です。併せてご覧になるのも良いのではないでしょうか。

  ひょんなことから「納棺師」という、あまりメジャーではない職業についた元チェロ奏者。個人的には、これだけでも「観たい」と思わせるのに十分な魅力的設定ですが、主演の本木雅弘が凛とした姿勢で見せる納棺の儀で始まるオープニングには一発でやられてしまいました。

 人間がんだ時のインパクトというのは本当に強烈であり、いままで平静を装っていた周囲の人々の本当の姿をもさらけ出してしまう。それは必ずしも、「悲しさ」「辛さ」だけじゃなくて、時に、他人には滑稽に映るような「ユーモア」さも内包している。

 「」がテーマのひとつなのに、重くなりすぎない絶妙の笑いが配置されていて、それでも決して、人間の尊厳を損なわない真摯な空気が保たれている所が素晴らしいです。 そして、やはりこの映画の見所は、いままであまり知られていなかった「納棺」についてなのではないでしょうか。

 普段はあまりお目にかかることはないであろう「納棺」。そこに携わる仕事の裏側を、トリビア的に知ることができる楽しみもあります。死者を送り出す納棺師仕事振りを、徹底的なこだわりをもって再現した本木雅弘の演技も素晴らしいし、山崎努演じる社長のウンチクも味わい深い。

  誰にとっても訪れる「」を、厳かに、穏やかに、美しく見送る「納棺師」。最初は偏見をもって見ていた人々も、やがてその優しさに触れて心を開いていく展開が良い。もちろん、挫折した一人の男の再生ストーリーとしても面白く、ここまで完成度の高い邦画は近年でもあまりないのではないと思います。久々の5つ星とさせていただきます。

  ただ、変な話ですが、30代半ばで親もまだ健在の私には、まだこの映画の真の良さは判っていないような気もします。年をとった時、将来、大事な誰かを亡くした時、もう一度この映画を観たら、又、別の感慨があるのかもしれませんね・・・。 まず、納棺師という職業を扱った作劇のアイデアが独創的ですよね。

  「」まるわる仕事は、ついつい世の中ら影の存在として扱われますが、それに光を当て、日本文化のもつ「因習」の美学へと高める佇まいが、素晴らしいです。 伊丹十三監督が「お葬式」で葬儀屋のシステムを紹介したが、冒頭のコメディ色のある掴みのエピソードを見て、本作はちょっと「お葬式」に近い部分がるし、「たんぽぽ」なあったような、「ふぐの白子」「フライドチキン」とかの食べ物へのこだわり描写などもあって、伊丹十三監督映画へのオマージュが感じられました。

 それは、少々ネタバレにもなりますが「生き物は生き物を食って生きている。どうせ食うなら美味いものがいい。」そして、食も一つの儀式である。儀式なしに「食らう」ことは可能だが、どういう調理で、どういう皿で、どういう盛り付けで食べるかは、儀式であり、その儀式を通じて、生き物の「」に始末をつけるのだという思い...。

 配役もパーフェクトに近い。社長役の山崎努はもう磐石。わけありで彼の事務所で働く女性を余貴美子、その田舎の町で銭湯を一人で経営している老女を吉行和子、彼女に惚れ、いつも銭湯に来ている老人の笹野高史もいい味。

 そして、主人公の本木雅弘と妻役の広末涼子が抑制のきいた演技で演じています。 「」に対して真摯に向きあっていることが一貫して感じられましたし、納棺師所作儀式美を生み出している。
 
 これがポイントを高めていますね。舞とか能のような洗練された所作。 当然ながら猛特訓を重ねたのでしょうが、手の動きや動作が綺麗ですよ。その一連の所作を見せるエンドロールは必見です。

 日本人が元来持っている「生観」が納棺師という仕事を通じて、深く、丁寧に、描かれている。を意識すれば、生が浮上してくる。別れを知れば、出会いがよりかけがえのないものになる。に接することによって、今自分が生きていることの輝きを再認識できる。それはつまり「をないがしろにすれば、生もおろそかになる」という『メメント・モリ』のテーマそのもの。生と同じく、もまた尊いものなのだ。

  それにしても、「納棺師」という仕事は、なんて奥深いのだろう。妻に「汚らわしい」といわれるように、ご遺体を扱うのだから、初めはみんな、うさんくさい目で見ている。

 それが、作業終了後には遺族がこぞって必ず感謝の言葉を述べる。体を清め、綺麗な衣装を着せ、化粧をほどこす。その一連の作業には、凛とした美しさがあり、茶道や華道、武道などに通じるものがあると感じた。

 そして、納棺師で最も感動的なのが、どんな死者であれ、平等に注がれる彼らの温かく優しい眼差しだ。亡き人と遺族の関係は平穏であるとは限らない。恨まれながらんでいく人だっている。そんな死者にも納棺師は凛々しい所作と優しい眼差しで向かい合う。一部始終を見ていた遺族は、心が洗われて、思い知らされるのである。

 が厳粛であり、別れが悲しいものであることを。この納棺師のひたすら美しい儀式は、一度でも親類縁者を出棺した経験がある人なら、涙なくして見られないだろう。恥ずかしながら、私は納棺の場面のたびに泣いていた。


 全編で本木雅弘の静かな熱演が光っている。彼がチェロを弾くシーンを観ると、ボウイング(運弓法)や運指法が音楽にほぼぴたっと合っている。相当な特訓を積んだ後がうかがえる。そして、まだ幼少の息子と妻を捨て、愛人と家を出て行った父親の生きざまを、台詞ではなく、荒波を乗り越えて生き抜いてきた男の顔で語っている、峰岸徹の遺作としても記憶にとどめておくべき作品だろう。


 壬生義士伝の滝田洋二郎監督の作品。主人公の男性(本木雅弘)はプロのチェロ奏者になる夢に挫折したため、亡き母が残した実家に戻り職を探す。若い妻(広末涼子)に内緒でしかたなく遺体を棺桶に移す納棺師の職につくが、納棺師は忌み嫌う者が多い職業であった。


 最初はいやいや仕事をしていたが、上司(山崎努)の真摯な姿勢や、多くの死者とその家族に接しながら、納棺師という仕事のすばらしさに気づく。
 
 しかし、妻や友人がその職に気づくあたりから人間関係が壊れていくが、意外な展開ですべてがクライマックスに終結する。 非常に美しい映画で、時間内に登場する出来事や台詞に全く無駄がないどころか、あらゆるものが複雑に連携し、見るたびに多くのメッセージに気づかされる。

 主人公がこよなく愛するチェロは、子供の頃に家を捨てていった憎むべき父親が買い与えたものであり、父に対してはきわめて複雑な感情を抱いている。また、食事のシーンは生物の屍体を『いただいている』という強烈なジレンマを感じさせる。

 仕事の美しさや家族の愛情とは何なのかを、納棺師という特殊な職業を通じてみんなで学ぶ作品であった。また、涙あり、笑いありで最初から最後まで休みなく心が揺すぶられる作品であった。 間違いなく2008年で最も美しい作品で、今までに見たすべての映画の中でも五指に入る秀作。

 アカデミー賞外国語映画部門での評価に期待できる、日本を代表する作品と思う。チェロが奏でるメロディーも秀逸で、既にCDを購入した。きわめて完成度が高く、文句なく星5つ。


初めて写経をする人のための般若心経意味解説トップページへ
初めて写経をする人のための般若心経意味解説サイトマップへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 珍しい趣味へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

書き込み式「般若心経」練習帳―初めてでもすぐに“写経”が楽しめる

書き込み式「般若心経」練習帳―初めてでもすぐに“写経”が楽しめる!書き込み式「般若心経」練習帳―初めてでもすぐに“写経”が楽しめる!
(2005/08)
ひろ さちや荒井 紫峰

「書き込み式「般若心経」練習帳―初めてでもすぐに“写経”が楽しめる」商品詳細を見る

納棺夫日記 (文春文庫) (文庫)

納棺夫日記 (文春文庫) (文庫)





出版社/著者からの内容紹介
"死"と向い合うことは、"生"を考えること。長年、納棺の仕事に取り組んだ筆者が育んできた詩心と哲学を澄明な文で綴る"生命の本"


内容
掌に受ければ瞬く間に水になってしまうみぞれ。日本海の鉛色の空から、そのみぞれが降るなか、著者は死者を棺に納める仕事を続けてきた。一見、顔をそむけたくなる風景に対峙しながら、著者は宮沢賢治や親鸞に導かれるかのように「光」を見出す。「生」と「死」を考えるために読み継がれてほしい一冊。

文庫: 227ページ
出版社: 文藝春秋; 増補改訂版版 (1996/07)
ISBN-10: 4167323028
ISBN-13: 978-4167323028
発売日: 1996/07
商品の寸法: 15.2 x 10.6 x 1.2 cm

<レビュー>
■遺体を清め、棺に納める。その職業に就いた著者の、淡々とした語りが続いていくのですが、単なる作業ではなく言葉で言いあらわせないような、人間として生きたいのちの尊厳への畏怖のようなものを感じます。
それは、死してなお、肉体が存在する限り魂も共にあるという感覚でしょうか・・・ 人間とは何か、自分とは何か、家族とはなにか、なぜひとりひとりの命が尊いのかを、活字ではなく、行間からにじませる、すばらしい作品だと思います。目に見えない何かを感じようとされている方に是非読んでいただきたい本です。

■筆者の青木新門さんは、新聞の求人広告をみて、冠婚葬祭会社に就職され、現在は専務取締役をへて監査役を務めている方です。(文庫本の紹介より)

ご本人が書かれている「納棺夫」とは、亡くなられた方に最後のお別れの化粧を施し、永遠の旅立ちに対して、それへの衣装を着せ、故人を偲ぶために一番美しい状態へと蘇らせ、そのご遺体を棺に納めるという職業です。

第1章の「みぞれの季節」は、まさしく映画にも登場したエピソードの数々が収められています。「穢らわしい」と妻に叫ばれた挿話はこの仕事の厳しさでもありました。
筆者は元々詩人であり、若いころ文学を志しただけあって実に流麗な文章が綴られています。また、宮沢賢治の人生観やその詩にも共感しており、よく引用しています。
第2章の「人の死いろいろ」では、筆者が体験した「死者」の姿やそこでの思いが切々と綴られています。

個人的に素晴らしいと思ったのは、第3章の「ひかりといのち」でした。そこには筆者の宗教観が明確に記されています。特に浄土真宗の開祖の親鸞上人の教えと「教行信証」や「大無量寿教」の記載について詳しく解説がなされています。「歎異抄」の教えも含めて難解と思われる教義をできるだけ分かりやすい言葉で綴られているのは、この仕事を通して導かれた境地なのでしょう。
なお宗教用語に関しては、11ページに渡って筆者の注釈が掲載されています。
其の後に続けて掲載されている『納棺夫日記』を著して、も筆者の人柄を感じさせる話が沢山収録されてあり、人として立派な方だというのも理解しました。


■富山県で葬儀社にお勤めになった青木氏の1993年3月初版第1刷をよみました。死を穢らわしいものとしかおもえないのに、仕事でやっている方たちを
超越した、さわやかで詩的なすばらしい作品です.
宮沢賢治がよくでてくるのは著者が心酔しているからです。
序文は近頃亡くなられた吉村昭が「美しい姿」の題のもとに賛辞をよせている。青木氏がいまどうしていらっしゃるのか好奇の念にかられることしきり。

文庫本ではなくて単行本を読んでの感想です。


■この本に出逢えて、とても幸せな気持ちになりました。読書を通じて、こんなに感激するのはもう何年ぶりのことかな?
わたしもなぜだか自分自身が今までに歩んできた、ちっぽけで情けないような人生がすべて肯定されたような、不思議な至福感に満たされました。

映画の「おくりびと」もとても良かったと思いますが、この「納棺夫日記」は、映画以上に良いですよ。第一章と、第二章には、映画に描かれていたような作者の体験エピソードが淡々と静かに述べられています。

で、特に素晴らしいなと感じたのは第三章。ここで述べられている著者の宗教観や世界観には個人的に深く共鳴しました。あまり仏教や宗教の基礎的な知識のない方にとっては、少し難しい専門用語も出てくるので、いささか解りにくい部分があるかも。でも、じっくり読めば、とても深いものがあると思います。

■「死」は命あるもの全てが宿命的に持っていることではあるけれど、向き合うことはほとんどない。
必要に迫られるまで・・・。

偶然葬儀社に就職し、納棺の仕事を勤めることになった作者の自問自答を、読者として追体験し、そのことが自らの死生観を考えるきっかけになりました。

人の「死」に向き合うことによって見えてきた「ひかりといのち」について書かれた文章を読むと、とても静かな気持ちになります。


■この書は 新しい世界に私たちを導いてくれる。
「湯灌。納棺」を専門とする仕事があるということ。
著者がこの仕事についたことは偶然であること。

著者は旧満州に4歳の時にわたり、現地で生まれた弟と妹が次々と死んでいくという体験を、引揚げを待つ難民収容所でしていること。
著者は60年安保闘争を体験していること。

「私の全存在がありのまま認められたように思えた。そう、思うとうれしくなった。この仕事をこのまま続けていけそうな気がした。」(29頁)と率直に語っている。以後、著者は変わっていく。

納棺夫日記」全三章のなかで、著者の体験と、著者の思考の跡が素直にかつアットランダムに述べられている。いつのまにか、私たちは、死生観に関して、過去から現在、そして世界中の人の考えを知るようになる。
仏教徒およびその他の宗教の教祖たちの死生観とへこ理屈を丁寧に紹介。
「あらゆる宗教の教祖に共通することは、その生涯のある時点において、〈ひかり〉との出会いがあることである。」(96頁)
親鸞に共鳴する著者。〈ひかり〉を前面に出している。これは著者自身が体験したからであろう。
多くの人たちが登場する。ここがこの書の最高に面白いところ。
多くの詩人、作家が登場する。「詩人」の位置づけがきわめてユニーク。民俗学者も末期ガンを体験した者も著者により紹介される。
宮沢賢治の妹との訣別の歌、「永訣の朝」が登場。「みぞれ」をとりに行かせた妹の気持ちを宮澤賢治と同様に感じとる著者。
三島由紀夫深沢七郎の死生観のちがい。「星の王子さま」のサン=テグジュペリまで登場。すごい、展開が何げなく語られている。
現代医学に対しての評価は厳しい。「今日の医療機関は、死について考える余地さえ与えない」(64頁)以下の一節だけで十分である。
今回の増補改訂版では、「著者注釈」・「『納棺夫日記』を著して」・「あとがき」・「文庫版のためのあとがき」が付け加えられている。
序文は著者を発見した吉村昭が「美しい姿」を書いている。
高史明が謙虚きわまる内容の解説「光の溢れる書『納棺夫日記』に覚える喜び」を書いている。最近の高史明の心境をしるには貴重な資料と言わねばならない。
どこからでも、読むことができる不思議な書物になった。あるいは、死生観についての壮大なる紹介とまとめになっている。
最後は、勿論、「納棺夫」という独自な「職業」を生きた者として、空理空論ではなく、自身の結論を語っている。
いつのまにか、死生観を問わなくなった私たち。
納得できず悶々としてきた方々が読まれることを祈ります。

おすすめ写経用品

フリーエリア

当サイトへのリンクについて

当サイトはリンクフリーです
■相互リンク申込みは下記よりどうぞ

初めて写経をする人のための般若心経意味解説の管理人へ連絡する
相互リンク(テキスト用)のリンクは下記をお使い下さい。

バナーをご利用の方は↓をお使い下さい! ブログバナー

フリーエリア

カテゴリ

トップページ (0)
サイトマップ (0)
リンク集 (0)
写経について (25)
筆の選び方・新しい筆のおろし方 (1)
写経の準備 (1)
写経の書き方 (1)
墨の含ませ方 (1)
写経のお手本 (1)
写経筆の種類 (1)
墨が残った場合 (1)
写経セット (1)
使用後の硯 (1)
写経に向く硯 (1)
写経用紙について (1)
写経に適した墨とは? (1)
墨をする際の水の量と墨の磨り方は? (1)
写経Q&A (1)
写経関連用語 (1)
写経の種類 (1)
書写した用紙の処置 (1)
筆の持ち方 (2)
写経筆の寿命 (1)
般若心経を唱える (2)
腕の構え方 (3)
第0章 般若心経の簡単な訳 (3)
般若心経漢訳 (1)
般若心経意味・訳文 (1)
般若心経書き下し文 (1)
第1章-1 般若心経とは (4)
題名の意味その1 (1)
題名の意味その2 (1)
題名の意味その3 (1)
題名の意味その4 (1)
第1章-2 般若心経のストーリー (4)
はじめに (1)
序文 (1)
本文 (1)
結文 (1)
第2章 観自在菩薩さまはどのようにして苦しみを克服したのか (16)
観自在菩薩さまはどんな仏さま? (1)
般若心経  行深 (1)
般若心経  般若波羅蜜多 (1)
般若心経 私たちが苦しみを超えるためには6つの方法 (0)
布施 (1)
持戒 (1)
忍辱 (1)
精進 (1)
禅定 (1)
智慧 (1)
般若心経 時 (1)
般若心経 照見 (2)
般若心経 五蘊皆空 (2)
般若心経 度一切苦厄 (1)
般若心経 舎利子1 (1)
第3章 苦しみの根元がわかれば、幸せへの道が見えてくる (9)
般若心経 色不異空空不異色色即是空空即是色受想行識亦復如是 (1)
般若心経 舎利子 (1)
般若心経 是諸法空相 (1)
般若心経 不生不滅不垢不浄不増不滅 (2)
般若心経 是故空中無色無受相行識無眼耳鼻舌身意無色声香味触法無限界乃至無意識界 (1)
般若心経 無無明亦無無明尽乃至無老死亦無苦集滅道無智亦無得 (3)
第4章 苦を取り除くための考え方とは (9)
般若心経 以無所得故菩提薩捶依般若波羅蜜多故 (2)
般若心経 心無罣礙無罣礙故無有恐怖 (2)
般若心経 遠離一切顛倒夢想究竟涅槃 (3)
般若心経 三世諸仏依般若波羅蜜多故得阿耨多羅三藐三菩提 (2)
般若心経 故知般若波羅蜜多是大神呪是大明呪是無上呪是無等等呪 (0)
般若心経 能除一切苦 (0)
般若心経 真実不虚 (0)
般若心経 故説般若波羅蜜多呪 (0)
第5章 「羯諦羯諦」はお釈迦様の励ましの言葉 (0)
般若心経 羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶 (0)
父母恩重経 (13)
現代語訳1 (1)
現代語訳2 (1)
現代語訳3 (1)
現代語訳4 (1)
現代語訳5 (1)
現代語訳6 (1)
現代語訳7 (1)
現代語訳8 (1)
現代語訳9 (1)
現代語訳10 (1)
現代語訳11 (1)
現代語訳12 (1)
現代語訳13 (1)
時事ネタ (14)
大谷徹奘 (9)
おすすめの本 (3)
写経に関する商品 (174)
(0)
般若心経に関する商品 (150)
延命十句観音経 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。