写経の代表である般若心経を詳しく説明しています。般若心経の本、サンスクリット語の本、大谷徹奘さんの本、玄奘三蔵の本、父母恩重経の本写経用紙、写経セット、などの通販も行っています。

初めて写経をする人のための般若心経意味解説 時事ネタ
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いくら病気だからってゆるされない

仏像盗難 「病気で信仰深め」…阿部容疑者、仏像好きに
3月4日15時1分配信 毎日新聞



盗まれた仏様
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090304-00000012-maip-soci

東山署から、無事戻ってきた建仁寺の仏像=京都市東山区で2009年3月4日午前11時24分、望月亮一撮影

 京都市東山区の建仁寺から木造十一面観音座像を盗んだとして逮捕された阿部逸男容疑者(59)=三重県四日市市=が、数年前の病気をきっかけに信仰を深め「そのころから仏像が好きになった」と供述していることが京都府警捜査3課への取材で分かった。事件については「偶然見た十一面観音座像にその場でとりこになり、家で拝みたくなった」と話しており、府警は仏像への執着が動機の一つとみて追及している。

 府警によると、阿部容疑者は仏像を自宅に持ち帰ったことについて「信仰のため家に来てもらった。預かっているだけ」と表現。「今となれば自分の行為は窃盗。深く反省しています」と謝罪しているという。

 また、周囲に「金に困っている」と漏らす一方で、07年の大みそかには熱心に信仰している三重県内の神社に神殿改築工事費として10万円、昨年末に30万円を寄付していた。神社の関係者は「この不況の中では相当の高額」と話している。

 ◇建仁寺に返還

 木造十一面観音座像は4日午前、府警東山署で建仁寺側に返還された。僧侶らが仏像の前で深々と頭を下げて手を合わせ、台座内の修復記録を確認。真神仁宏・臨済宗建仁寺派宗務総長は「間違いありません」と目頭を押さえた。約1カ月ぶりに戻った寺では法要が営まれ、真神宗務総長は「言葉に出ないくらいありがたい。容疑者には改心してほしい」と話した。


 ついに理由が明らかになった。はじめは売りさばくために盗んだのではないかといわれていたが、病気で信仰心が深まったなどといいわけを言い放った。

 こういったことをする人はたいがい、公になるともっともらしいいいわけをするものだ。

 私も仏様、お釈迦様をお慕いしている一人として、こういう行為は本当に許せない。


 本当に信仰があるなら、お寺に出向いて拝めばいいはず。きっと、はじめはほんの出来心で1体を盗んだのかもしれない。しかし、人には5つの鬼がいると仏教では説いている。その一つに「貪」(とん)がある。これを”むさぼる”とも読む。1つでは足りずにもう一個、もう一個とむさぼりはじめて自分でも止められなくなったのだろう。

 阿部逸男容疑者には、今回のことを深く反省して頂いて、刑を全うしたらば新たに仏法の道に入り直して余生を送ってほしいと思う。

 個人的には、般若心経から読み始めて仏法を学んでほしいです。

 私もはじめは般若心経から始めました。その時に読んだ本が「声を出して覚える般若心経 |大栗 道栄」です。



 『般若心経に初めて親しむ人にとっては最適の一冊だと思う』その理由を知りたい人はこちら
 



初めて写経をする人のための般若心経意味解説トップページへ
初めて写経をする人のための般若心経意味解説サイトマップへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 珍しい趣味へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

西松建設献金で小沢氏公設第一秘書を逮捕 政治資金規正法違反

ついに小沢一郎にも・・・


小沢一郎

 今日、びっくりするニュースが飛び込んできた。

 最近の政治は、麻生総理や自民党の政局ばかりだったが、ついに民主党代表の小沢一郎にも・・・



 あまりにもタイミングが良すぎる・・・自民党の陰謀か・・・?




準大手ゼネコン「西松建設」(東京)が、政治団体をトンネルにして政界へ事実上の企業献金を続けていたとされる問題で、東京地検特捜部は3日、政治資金規正法違反容疑で、小沢一郎民主党代表の政治団体「陸山会(りくざんかい)」を家宅捜索。小沢代表の公設第一秘書、大久保隆規容疑者や、西松建設前社長の国沢幹雄容疑者ら計3人の逮捕状を取り、2人を逮捕した。
<産経新聞より>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090303-00000570-san-soci



初めて写経をする人のための般若心経意味解説トップページへ
初めて写経をする人のための般若心経意味解説サイトマップへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 珍しい趣味へ
にほんブログ村

おくりびと ストーリー(概要)

 プロのチェロ奏者として東京のオーケストラに所属していた小林大悟。しかし、ある日突然楽団が解散、大悟程度の奏者は掃いて捨てるほどいるため、夢を諦め、1800万円出して購入したチェロを売り払い、妻とともに田舎の山形県酒田市へ帰ることにする。

 就職先を探していた大悟は「旅のお手伝い」という文句と給料等の条件に惹かれ、旅行代理店か何かだろうと考えながら、その会社・NKエージェントの面接へ。

 即日採用決定となった大悟だが、その会社の業務内容とは納棺(=NouKan)だった。迷ったものの、面接に来ただけで即「採用」と言い放ち、いきなり現金で2万円を渡すばかりか月給50万円という条件を提示する社長の強引な勧誘に、特にそれ以外に仕事のあてがなかった大悟は断り切れずとりあえず就職を決めたものの、帰宅後、妻にはどんな会社か詳しい事を言えず、「冠婚葬祭関係」とだけ伝える。

おくりびと画像1
 最初の仕事で、納棺の手順を解説するDVDの遺体役をさせられ散々な目に逢う。さらに最初に訪れた現場は孤独死後二週間経過した老女の遺体の納棺。現場の異臭と遺体の様子に嘔吐しかけるほどだったものの、現金で日当を支給され、辞めるに辞められなくなり、とりあえず納棺師への道を歩む大悟。

 場数を踏み、遺族に喜ばれるなど、少しずつ納棺師の仕事に充実感を見出し始めていたが、ある日、件のDVDを見た妻に仕事内容が発覚した大悟は「そんな汚らわしい仕事は辞めてほしい」と懇願される。

 しかし大悟はそれを受け入れられず、妻は実家に帰り、さらには納棺師になったことを知った昔からの友人、山下とも疎遠となる。

しばらく後、突然妻が大悟の元に戻る。妊娠した妻から、再び納棺師を辞めるよう迫られた大悟のもとに仕事の電話が入る。その仕事とは、一人で銭湯を切り盛りしていた山下の母、ツヤ子を納棺することであった。

 山下とその妻子、そして自らの妻の前でツヤ子を納棺し、山下と和解、妻の理解も得たある日、自宅に電報が届く。それは、大悟が子供の時に家庭を捨てて出て行った父、淑希の死を伝えるものだった…

 

アカデミー賞本木が明かした 「納棺師」と「役者」の共通点

アカデミー賞本木が明かした 「納棺師」と「役者」の共通点


2月23日20時6分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090223-00000002-jct-ent

 第81回アカデミー賞の授賞式が米ロサンゼルス・コダックシアターで2009年2月23日(日本時間)に行われ、本木雅弘さん主演の「おくりびと」が外国語映画賞を受賞した。本木さんが演じたのは新人「納棺師」だ。実際の「納棺師」から指導を受けて、「役者に通じるものがある」「ものすごい緊張感で大変ですね」という感想を述べたという。映画で注目を集める「納棺師」とは、どんな仕事なのだろうか。

■「葬儀は一回きり。失敗したら取り返しがつきません」

 国内の映画賞をほぼ総なめにし、第81回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞した「おくりびと」(滝田洋二郎監督)。本木雅弘さんが演じる主人公はチェロ奏者だったが、夢をあきらめて田舎の山形県庄内平野に妻(広末涼子さん)とともに帰る。そこでひょんなことから「納棺師」になり、仕事を通して人間として成長していく姿が描かれている。原作は青木新門氏の「納棺夫日記」(文藝春秋)で、青木氏自身が冠婚葬祭会社で納棺に携わった経験が元になっている。本木さんはこの本を気に入り、映画化を強く望んだという。

 映画を観て、初めて納棺という仕事を知った人も多いようだ。遺体を拭いて清め、着付け、メイクアップをし、きれいな状態にして棺に納める。事故などで遺体が傷ついている場合は、修復や復元もするという大変な仕事だ。

 映画で納棺技術を指導したのが、株式会社納棺協会(北海道札幌市)。現場に立ち会ったという堀江満取締役本部長は、こう語る。

  「モデルの衣類を脱がせ、着付け、顔剃り、メイクの一連の作業を本木さんにやっていただきました。クランクイン前から練習を始め、山形のホテルでも熱心に練習をしていらっしゃいました」

 また、本木さんは納棺師と役者の仕事に、こんな共通点を見い出したという。

  「葬儀は一回きりで、本番勝負。失敗したら取り返しがつきません。そういうところが役者に通じるものがある、とおっしゃっていました。また、限られた時間内に作業を進めなければならず、ものすごい緊張感で大変ですね、と感心されていました」

■限られた時間で適切な処置施すには経験がものを言う

 なくてはならない、大切な仕事だが、周囲の誤解を受けることも多い。映画の中で、広末さん演じる妻が、夫が「納棺師」の仕事をしていることを知り、「けがらわしい」とののしるシーンがある。介護や看護の仕事に興味がある若者が納棺の仕事を知り、人の役に立ちたいと目指すが、家族に反対されて止めてしまうことは実際にあるそうだ。

 最近は葬儀屋が納棺をすることがあり、「納棺師」の仕事が減っている。

 「納棺師」の会社、オフィストウセ(富山県)に勤務する50歳の男性は、

  「昔に比べて葬儀屋や葬祭場のスタッフが納棺をすることが増えて、今は1日1件仕事があればいい方です。きれいなご遺体は誰も処置できるため、事故などで傷ついたご遺体の方が多く回ってきます。警察で作業をすることもあります」

と明かし、映画で見るよりもキツイ仕事のようだ。

 片方の瞼がなかなかふさがらず、綿花を入れて、やや開きぎみに閉じさせたり、傷が有る顔にはリカバリファンデーションでカバーしたり、と遺体の状態によっていろんな処置をする。棺に入れるまで30~40分しかなく、迷っている時間はない。親族が見守る中、限られた時間で適切な処置を施さなければならず、経験がものを言う。

 大変な仕事だが、故人の最期に携われる仕事で誇りを持って働いている人が多いのも事実。男性は「これからも、気持ちの入った納棺を続けていきたい」と話している。



納棺師」という仕事は今まで世に知れ渡ることは少なかったが、じつは「納棺師」として活躍している人は本当に多いことが言える。人間誰しもが訪れる死に直接接する「納棺師」。言葉で言うのは簡単だが、かなり大変な仕事である。「納棺師」の仕事場は亡くなった方の目の前である。家族が見守る中で粛々と仕事をこなす「納棺師」。
おくりびと画像2おくりびと画像1

決して晴れやかな職場ではない。家族からしてみれば最後の旅立ちを見守りながら「納棺師」の1つ1つの動きに注目する。「納棺師」からすれば見られるのである。そこで、どれだけ心を込めて仕事をするのか、気持ちを集中させるのか、まさに失敗の許されない尊い行いの連続、それが「納棺師」の真髄ではなかろうか。

WBCに臨む原ジャパン 最終登録メンバーとなる28人の侍を選抜。

WBCに臨む原ジャパンは22日、宮崎合宿に参加していた33人の中から最終登録メンバーとなる28人の侍を選抜。大砲の松中、栗原を外して、前回2006年大会で成功したスモールベースボール路線を継承した。

原監督画像


【当落線上の3人】

 稲葉を4番に抜てきした原監督は、当落線上とみられていたまな弟子の内海、亀井、阿部の巨人勢を選出。また相手は左腕の先発が予想される大事な韓国戦では、左打者中心のジャパンがどう打線を組むかなど、課題も残されている。

 「戦術、作戦をあからさまにはできない。見て感じていただければいいのかな。答えを言うことは得策ではない。ある種、ベールに隠されていることが必要だ。すでに戦は始まっている」と28人の選考について語った原監督。満足そうな笑みだった。

 当初から大砲不在、長打力不足が指摘されていたが、予想を覆して、万能型野手の稲葉を「4番・DH」で起用。巨人との練習試合は打線のつながりを生み出した。

 稲葉をDHにして外野の守備固めとして、ボーダー線上と思われた亀井を選んだ。「どうしても外野に守備のスペシャリストが必要だと思う」という緒方守備コーチの意見が採用された。

 最終メンバー選びの最大のポイントだったのが捕手。「とにかく捕手の選抜を最優先で行うという方針で詰めた」と伊東総合コーチ。ともに右肩を痛め、守備につけない細川と阿部の比較で、打力の勝る阿部に軍配が上がった。城島という大黒柱がいるが、万全な控えには経験の少ない石原しかいない。(夕刊フジ)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090223-00000017-ykf-spo

 まもなくWBC東京ステージが始まる。メンバー28人も決定したことで、ますます目が離せなくなった。あとは、決まった選手の起用方法がポイントになる。

 今回現役監督の原監督を起用したことで、前回の星野監督の失敗を繰り返さないもくろみだが、どれだけ選手の性格見極めて起用するかが勝敗の分かれ目となるだろう。

おすすめ写経用品

フリーエリア

当サイトへのリンクについて

当サイトはリンクフリーです
■相互リンク申込みは下記よりどうぞ

初めて写経をする人のための般若心経意味解説の管理人へ連絡する
相互リンク(テキスト用)のリンクは下記をお使い下さい。

バナーをご利用の方は↓をお使い下さい! ブログバナー

フリーエリア

カテゴリ

トップページ (0)
サイトマップ (0)
リンク集 (0)
写経について (25)
筆の選び方・新しい筆のおろし方 (1)
写経の準備 (1)
写経の書き方 (1)
墨の含ませ方 (1)
写経のお手本 (1)
写経筆の種類 (1)
墨が残った場合 (1)
写経セット (1)
使用後の硯 (1)
写経に向く硯 (1)
写経用紙について (1)
写経に適した墨とは? (1)
墨をする際の水の量と墨の磨り方は? (1)
写経Q&A (1)
写経関連用語 (1)
写経の種類 (1)
書写した用紙の処置 (1)
筆の持ち方 (2)
写経筆の寿命 (1)
般若心経を唱える (2)
腕の構え方 (3)
第0章 般若心経の簡単な訳 (3)
般若心経漢訳 (1)
般若心経意味・訳文 (1)
般若心経書き下し文 (1)
第1章-1 般若心経とは (4)
題名の意味その1 (1)
題名の意味その2 (1)
題名の意味その3 (1)
題名の意味その4 (1)
第1章-2 般若心経のストーリー (4)
はじめに (1)
序文 (1)
本文 (1)
結文 (1)
第2章 観自在菩薩さまはどのようにして苦しみを克服したのか (16)
観自在菩薩さまはどんな仏さま? (1)
般若心経  行深 (1)
般若心経  般若波羅蜜多 (1)
般若心経 私たちが苦しみを超えるためには6つの方法 (0)
布施 (1)
持戒 (1)
忍辱 (1)
精進 (1)
禅定 (1)
智慧 (1)
般若心経 時 (1)
般若心経 照見 (2)
般若心経 五蘊皆空 (2)
般若心経 度一切苦厄 (1)
般若心経 舎利子1 (1)
第3章 苦しみの根元がわかれば、幸せへの道が見えてくる (9)
般若心経 色不異空空不異色色即是空空即是色受想行識亦復如是 (1)
般若心経 舎利子 (1)
般若心経 是諸法空相 (1)
般若心経 不生不滅不垢不浄不増不滅 (2)
般若心経 是故空中無色無受相行識無眼耳鼻舌身意無色声香味触法無限界乃至無意識界 (1)
般若心経 無無明亦無無明尽乃至無老死亦無苦集滅道無智亦無得 (3)
第4章 苦を取り除くための考え方とは (9)
般若心経 以無所得故菩提薩捶依般若波羅蜜多故 (2)
般若心経 心無罣礙無罣礙故無有恐怖 (2)
般若心経 遠離一切顛倒夢想究竟涅槃 (3)
般若心経 三世諸仏依般若波羅蜜多故得阿耨多羅三藐三菩提 (2)
般若心経 故知般若波羅蜜多是大神呪是大明呪是無上呪是無等等呪 (0)
般若心経 能除一切苦 (0)
般若心経 真実不虚 (0)
般若心経 故説般若波羅蜜多呪 (0)
第5章 「羯諦羯諦」はお釈迦様の励ましの言葉 (0)
般若心経 羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶 (0)
父母恩重経 (13)
現代語訳1 (1)
現代語訳2 (1)
現代語訳3 (1)
現代語訳4 (1)
現代語訳5 (1)
現代語訳6 (1)
現代語訳7 (1)
現代語訳8 (1)
現代語訳9 (1)
現代語訳10 (1)
現代語訳11 (1)
現代語訳12 (1)
現代語訳13 (1)
時事ネタ (14)
大谷徹奘 (9)
おすすめの本 (3)
写経に関する商品 (174)
(0)
般若心経に関する商品 (150)
延命十句観音経 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。