写経の代表である般若心経を詳しく説明しています。般若心経の本、サンスクリット語の本、大谷徹奘さんの本、玄奘三蔵の本、父母恩重経の本写経用紙、写経セット、などの通販も行っています。

初めて写経をする人のための般若心経意味解説 写経関連用語
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写経関連用語

■■■写経関連用語■■■



阿弥陀経
浄土教の基本となる三部経典(浄土三部経)の一つで、最も読まれています。ほかに「大無量寿経」「観無量寿経」があります。極楽往生を願うなら、阿弥陀の名号を念じる旨が説かれています。

阿耨多羅三藐三菩提
この上なく優れ、正しく偏らない目覚めを得ること。

腕枕
文字に手擦れがおこるのを防ぐために、これに腕を乗せて書く。
多行にわたり細字などを書くときなどに使う。

界線
写経の罫線のこと。

眼界乃至意識界
眼界から意識界まで

観自在菩薩
観自在はサンスクリットのアヴァローキテーシュヴァラの訳。
現世利益の仏として信仰されてきました。また、浄土へ導く仏としても信仰を集めています。

観音経
心経ととみに日本で最も親しまれている経典です。
正式には、「妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五」といいます。

掲諦掲諦
行きましょう、行きましょう、渡りましょう、渡りましょう。


サンスクリットのシューニヤの訳。
実体がないという意。大乗仏教の思想では、すべての存在は空であると説いています。

苦集滅道
執着を断つことによって、苦しみを滅しようとする修行の道

苦厄
精神的・肉体的苦しみのこと。

罣礙
障害のないこと。

顚倒夢想
ないものをあるように夢想すること

懸腕法
右腕を机から離し、ヒジを水平に上げ、左手は軽く手本か紙を押さえ、右腕と左腕のバランスを保ちながら書く方法

五蘊
あらゆる事象を、色・受・想・行・識の5つの要素に分類したものです。

三世
過去・現在・未来

持戒
人としてやってはいけない行為を戒め、戒律を守ること。煩悩・欲望を抑制すること


形あるもの。

照見
あきらかに察すること。

写経
経文を書き写すこと。

舎利子 お釈迦様の十大弟子の一人。


真言、まじないのこと。

精進
何事にも努めはげむこと。

諸仏
あらゆる仏のこと。

諸法
現象。

心経
「摩訶般若波羅密多心経」略して「般若心経」は経典の中に仏教の原理を全て含まれていると言われています。玄奘の訳が最も多く読まれています。


終わること。

禅定
心身ともに動揺することがなくなり、安定した状態をつくることです。そのために座禅や写経をします。

双鈎法
人差し指と中指は外側から親指と薬指は内側から筆管を持ち、小指は薬指に添える持ち方。
中字や大字に適しています。

装飾写経
絵画の要素を用いて書かれた写経

単鈎法
親指と中指人差し指で筆管を持ち、残りの指で添える持ち方。
指を動かしやすいので、細字を書くのに最適です。

大神
神のような力のある深い意味をもったもの

智慧
智慧

枕腕法
左手を右手首の下にあてて書く方法

提腕法
右腕を軽く机にあて、手首を上げて書く方法
度したまへり 救ってくださる。

忍辱
苦難に負けず、耐え忍ぶことです。

涅槃
サンスクリットで、ニルヴァーナの訳。煩悩が消えた悟りの境地のこと。

波羅密多
サンスクリットで「パーラミター」。彼岸にいたるという意味。彼岸は向こう岸、つまり仏教で言うところの苦のない浄土に渡ることを意味。

波羅掲諦
悟りのすぐれたところに渡りましょう

般若心経
大乗仏教の経典の一つ。正式には摩訶般若波羅蜜多心経といいます。般若はパーリー語の「パンニャー」で、智慧という意味です。心経はサンスクリットとパーリーが混じっています。般若心経は般若経の真髄を説いた276字からなっており、簡潔で分かり易い経典です。現在、書写されているのは、玄奘三蔵法師の訳です。原典はインドの古語であるサンスクリットです。
般若とは仏の智慧。
この智慧というのは、頭がよい、知識が豊富であるとかいうことではありません。
そうしたものを一度捨て去り、物事をありのままに受け止め、そこから生まれるおおらかな柔軟な心の自在な動きのことです。
仏教では我々をとりまく全てのものに般若、つまり仏の智慧が宿っていると考えられており、般若心経はモノと心のバランスをとることが大切であるとしています。
様々な煩悩を取り去って、悟りの世界に渡りなさい、と般若心経は呼びかけています。
一般にお経といわれるものには、その前後に釈迦が説法をしたときの場所が記されたり、どのような状況のもとで、だれを相手に説法をしたかという説明がついていて一通りの体裁を保っています。
般若心経はこれらの約束事を一切無視しています。本文の冒頭にいきなり観自在菩薩が現れて説教を始めるという型破りのお経です。形式にとらわれず、直接的に私たちの心に迫ってくるところが般若心経の大きな魅力でもあります

文房四宝
筆・墨・紙・硯の総称

菩提薩婆呵
仏の悟りを成就しなさい

摩訶
サンスクリット(古代インド語)の「マハー」を漢字で音訳したものです。大きいとか偉大という意味。

無明
人生の真理に対して無知なこと

腕枕法
写経を書くときに汚れを防ぐ為に腕の下に添える書き方。

和銅経
和銅5年(712)文武天皇の崩御を悼み、長屋王が大般若経600巻を書写させたもの。

トップページへ
サイトマップへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 珍しい趣味へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

おすすめ写経用品

フリーエリア

当サイトへのリンクについて

当サイトはリンクフリーです
■相互リンク申込みは下記よりどうぞ

初めて写経をする人のための般若心経意味解説の管理人へ連絡する
相互リンク(テキスト用)のリンクは下記をお使い下さい。

バナーをご利用の方は↓をお使い下さい! ブログバナー

フリーエリア

カテゴリ

トップページ (0)
サイトマップ (0)
リンク集 (0)
写経について (25)
筆の選び方・新しい筆のおろし方 (1)
写経の準備 (1)
写経の書き方 (1)
墨の含ませ方 (1)
写経のお手本 (1)
写経筆の種類 (1)
墨が残った場合 (1)
写経セット (1)
使用後の硯 (1)
写経に向く硯 (1)
写経用紙について (1)
写経に適した墨とは? (1)
墨をする際の水の量と墨の磨り方は? (1)
写経Q&A (1)
写経関連用語 (1)
写経の種類 (1)
書写した用紙の処置 (1)
筆の持ち方 (2)
写経筆の寿命 (1)
般若心経を唱える (2)
腕の構え方 (3)
第0章 般若心経の簡単な訳 (3)
般若心経漢訳 (1)
般若心経意味・訳文 (1)
般若心経書き下し文 (1)
第1章-1 般若心経とは (4)
題名の意味その1 (1)
題名の意味その2 (1)
題名の意味その3 (1)
題名の意味その4 (1)
第1章-2 般若心経のストーリー (4)
はじめに (1)
序文 (1)
本文 (1)
結文 (1)
第2章 観自在菩薩さまはどのようにして苦しみを克服したのか (16)
観自在菩薩さまはどんな仏さま? (1)
般若心経  行深 (1)
般若心経  般若波羅蜜多 (1)
般若心経 私たちが苦しみを超えるためには6つの方法 (0)
布施 (1)
持戒 (1)
忍辱 (1)
精進 (1)
禅定 (1)
智慧 (1)
般若心経 時 (1)
般若心経 照見 (2)
般若心経 五蘊皆空 (2)
般若心経 度一切苦厄 (1)
般若心経 舎利子1 (1)
第3章 苦しみの根元がわかれば、幸せへの道が見えてくる (9)
般若心経 色不異空空不異色色即是空空即是色受想行識亦復如是 (1)
般若心経 舎利子 (1)
般若心経 是諸法空相 (1)
般若心経 不生不滅不垢不浄不増不滅 (2)
般若心経 是故空中無色無受相行識無眼耳鼻舌身意無色声香味触法無限界乃至無意識界 (1)
般若心経 無無明亦無無明尽乃至無老死亦無苦集滅道無智亦無得 (3)
第4章 苦を取り除くための考え方とは (9)
般若心経 以無所得故菩提薩捶依般若波羅蜜多故 (2)
般若心経 心無罣礙無罣礙故無有恐怖 (2)
般若心経 遠離一切顛倒夢想究竟涅槃 (3)
般若心経 三世諸仏依般若波羅蜜多故得阿耨多羅三藐三菩提 (2)
般若心経 故知般若波羅蜜多是大神呪是大明呪是無上呪是無等等呪 (0)
般若心経 能除一切苦 (0)
般若心経 真実不虚 (0)
般若心経 故説般若波羅蜜多呪 (0)
第5章 「羯諦羯諦」はお釈迦様の励ましの言葉 (0)
般若心経 羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶 (0)
父母恩重経 (13)
現代語訳1 (1)
現代語訳2 (1)
現代語訳3 (1)
現代語訳4 (1)
現代語訳5 (1)
現代語訳6 (1)
現代語訳7 (1)
現代語訳8 (1)
現代語訳9 (1)
現代語訳10 (1)
現代語訳11 (1)
現代語訳12 (1)
現代語訳13 (1)
時事ネタ (14)
大谷徹奘 (9)
おすすめの本 (3)
写経に関する商品 (174)
(0)
般若心経に関する商品 (150)
延命十句観音経 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。