写経の代表である般若心経を詳しく説明しています。般若心経の本、サンスクリット語の本、大谷徹奘さんの本、玄奘三蔵の本、父母恩重経の本写経用紙、写経セット、などの通販も行っています。

初めて写経をする人のための般若心経意味解説 第4章 苦を取り除くための考え方とは
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

般若心経 遠離一切顛倒夢想究竟涅槃 その1

般若心経 遠離一切顛倒夢想究竟涅槃 その1



 まず、この『その1』では「顛倒夢想(てんどうむそう)」についてお話しします。

 私はこれを


 顛倒

 と

 顛倒

 に分けて考えてみたいと思います。

 
 「顛倒」の意味は

 「顛」・・・逆さ

 「倒」・・・倒れる

 という風に読めるので極端にいえば「思い違い」ということになります。


 さて、「夢」についてですが、私たちは普段「大きな夢を持つ」など、どちらかといえばよいイメージがある言葉だと思いますが、その夢さえも思い違いをしてしまうと苦の原因にもなるということをお釈迦様はこの般若心経で説いているのです。

 


 例えば、イチローを始め今や日本人のメジャーリーガーはめずらしくありません。しかし、世の中の野球人の中であのように成功する人はほんの一握りです。

 逆に無謀な夢を持ったばかりに自分の人生を野球で棒に振った人も少なくないはずです。では、夢を追いかけて成功する人とそうでない人の差は何なのだろうか?

 私の個人的な見解ですが、ことわざに「石の上にも3年」という言葉があります。一年を365日、3年で1000余日・・・仮に3年を1000日をしてみたときに、今過ごしている目の前の1日で1000分の1の努力をし続けた人が成功する人だと思います。

 小学生が「メジャーリーガーになりたい」と思ってメジャーリーガーのようなプレーをまねしてみても上達するはずはありませんよね。「メジャーリーガーになりたい」という夢があるのならばそれに向けて今日一日自分に出来る努力は何か?を真剣に考えて行動し続けた人が成功するのだと思います。

 
 そして、ここが大事なのですが、3年で何の世界もでなかったら4年で結果を出せばいい、5年で結果を出せばいいと焦らないことです。

 あのイチローだって高校時代、甲子園に出場はしたものの、野球界の先輩である桑田清原のような華々しい活躍はしなかったのです。

 むしろオリックスに入団して仰木監督に目が留まったときから人生が変わり始めたのです。その間、イチローは1日1日大好きな野球と向き合って日々自分に出来る努力をし続けてきたに違いありません。だからこそ、その後の野球人生が花開いたのです。


 夢は思い違いをしてはいけないのです。計画的な実行の結果、得られるものだということを般若心経は教えてくれているのです。




 そして、「想」は「想う」ことですから、誰かのことを考えたり、想いを寄せることです。

 でも、相手にも感情があるのだから、自分の感情だけで世の中を渡ってはいけません。

 それなのに、自分の想いが通じないときは「私がこんなに想っているのに、なぜわからないんだ」と悪いことは全部相手のせいにしてしまうのが私たち人間ではないでしょうか。それが「顛倒想」です。 


 
 つまり、「顛倒夢想」とは





 「自分の夢の設定位置や相手に対する思い違い」

 を指しているのです。

初めて写経をする人のための般若心経意味解説トップページへ
初めて写経をする人のための般若心経意味解説サイトマップへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 珍しい趣味へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

般若心経 遠離一切顛倒夢想究竟涅槃 その2

般若心経 遠離一切顛倒夢想究竟涅槃 その2



 この『その2』では、「顛倒夢想」の手前につけられている「遠離(おんり)」についてお話をしたいと思います。

 その字のごとく「遠く離す」ことですから「遠離一切顛倒夢想」は「一切の思い違いから遠く離れること」という意味になります。

 つまり、「自分の思い違いに気付き、それを遠くに離しなさい」ということです。


 ここで大事なのが



 

思い違いを「なくしなさい」




 ではなくて


 

思い違いを「遠くに離しなさい」



 という教えだということです。




このことで、私自身も思い当たる節があります。以前に携帯電話を機種変更したときのことです。最近のは機能もたくさんありいろいろをいじくってしまいたくなるものです。でも、インターネットにつないでみたりいろいろなメールマガジンを購読してみたりと今までやったことのないことを携帯電話でやり始めたのです。

 その結果どういう結果になったかというと、通信料が莫大に増えたのです。

 妻からは怒られ、毎月毎月請求書を見るのが怖くなりました。

 だからといって、「携帯電話をなくせ」といわれてもなかなか簡単に「はいわかりました」とはいきません。



 そこで、わたしは「携帯電話を自分の体の近くに置かないようにしよう」と決めたのです。

今まで購読していたメルマガは配信停止にして、それでもいろいろなところからくるメールには拒否リストに登録してメールが見られないようにするなどしてメールを見る機会を自分から遠ざけたのです。



 それだけで、だいぶ携帯電話のことを気にしなくなりましたし、メールも必要最小限にとどまりました。




 携帯電話を例にお話をしましたが、他のことでも同じことが言えると思います。自分の欲をうまく離してみることで、心を前向きに進ませることが出来るのだと思います。


初めて写経をする人のための般若心経意味解説トップページへ
初めて写経をする人のための般若心経意味解説サイトマップへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 珍しい趣味へ
にほんブログ村

般若心経 三世諸佛依般若波羅蜜多故得阿耨多羅三藐三菩提 その2

般若心経 三世諸佛依般若波羅蜜多故得阿耨多羅三藐三菩提 その2




 前回は『三世諸佛』についてお話ししましたが、今回は『阿耨多羅三藐三菩提』です。


 この『阿耨多羅三藐三菩提』は先に説明した『涅槃』と同様で、「苦のない理想の世界」を表しています。


 ですから、「故得阿耨多羅三藐三菩提」とは、「苦のない理想の世界に到達した」ということです。

 「般若波羅蜜多の行をする」ことを続けていくことのよって、苦しみのない理想の正解へ到達できるのです。

初めて写経をする人のための般若心経意味解説トップページへ
初めて写経をする人のための般若心経意味解説サイトマップへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 珍しい趣味へ
にほんブログ村

般若心経 三世諸佛依般若波羅蜜多故得阿耨多羅三藐三菩提 その1

般若心経 三世諸佛依般若波羅蜜多故得阿耨多羅三藐三菩提 その1



 般若心経は「般若波羅蜜多」の行を行うことで様々な菩薩さまが救われてきたことを紹介してきましたが、ここでは、三世の諸佛さまも同じように般若心経の「般若波羅蜜多」を行うことで得た結果が述べられるのです。

 
 この『三世諸佛依般若波羅蜜多故得阿耨多羅三藐三菩提』はつぎの3つに分けて考えることが出来ます。


 『三世諸佛』

 『依般若波羅蜜多』

 『故得阿耨多羅三藐三菩提』

 の3つです。


 今回の『その1』では『三世諸佛』についてお話しします。



 『三世諸佛』とはどんな意味かといいますと


 過去世・現在世・未来世の3つの世にいらっしゃる諸々の仏さまをさします。


 般若心経では、これまで観自在菩薩さまが般若波羅蜜多の行をすることで、苦しみを克服し、理想の世界にいくことができたと言うことが説かれて来ました。


 ここでは、観自在菩薩さまをはじめとする「現在仏」と呼ばれる、現在修行をしておられる仏さまも、「過去世」と呼ばれる、過去のすべての仏さまも「未来世」と呼ばれる、未来に仏さまになられる仏さまも、般若心経の般若波羅蜜多の行いこそが苦のない世界を実現する最大の手段であると説かれているのです。


 そう考えると般若心経という教えはとてつもなく大きな存在に見えてきますね。

 こんな大きなスケールでもって大昔にお釈迦様がこの般若心経の教えを説いたのだと思うと、お釈迦様の偉大さにも頭が下がる思いです。


初めて写経をする人のための般若心経意味解説トップページへ
初めて写経をする人のための般若心経意味解説サイトマップへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 珍しい趣味へ
にほんブログ村


般若心経 遠離一切顛倒夢想究竟涅槃 その3

般若心経 遠離一切顛倒夢想究竟涅槃 その3



 今回で遠離一切顛倒夢想究竟涅槃の最後、『その3』です。


 ここでは、「究竟涅槃(くきょうねはん)」を説明したいと思います。



 「究」は「きわめる」



 「竟」は「終わりで」



 「涅槃」は「理想の世界」



 を意味しています。



 これを分かりやすく訳せば

 「世の中は自分の思いだけで生きてはいけない。それに気付けば、何ものも恐れず心に苦しみを抱くことのない世界を実現できる」

 ということになります。


 般若心経は、苦しみから逃れるための教えでもあります。その根本には、「何でも自分の思い通りにいくという思い上がりが生きにくさにつながっているんだ」ということを教えてくれているように思えます。

 日常生活でついつい私たち人間は些細なことで、自分の思い通りにならないとイライラしたり、思い通りに行くことを一般的な成功とたたえたりします。

 しかし、本当の幸せはそんな成功を積み重ねることではなく、般若心経でいう苦から逃れる方法を身につけることが幸せであるということに気付かされます。

 般若心経写経を続けていくうちにそんなことにも気付くようになってきました。


 それでも、明日にはまた、自分の思い通りに何でも進めたいという気持ちが湧いてくるのが人間です。

 そんな気持ちを抑える(いや、思い違いに気付かせてくれる)1つの方法が般若心経写経することだと思います。


 やはり、写経はつづけることに意味があるのだと日々感じています。



初めて写経をする人のための般若心経意味解説トップページへ
初めて写経をする人のための般若心経意味解説サイトマップへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 珍しい趣味へ
にほんブログ村

おすすめ写経用品

フリーエリア

当サイトへのリンクについて

当サイトはリンクフリーです
■相互リンク申込みは下記よりどうぞ

初めて写経をする人のための般若心経意味解説の管理人へ連絡する
相互リンク(テキスト用)のリンクは下記をお使い下さい。

バナーをご利用の方は↓をお使い下さい! ブログバナー

フリーエリア

カテゴリ

トップページ (0)
サイトマップ (0)
リンク集 (0)
写経について (25)
筆の選び方・新しい筆のおろし方 (1)
写経の準備 (1)
写経の書き方 (1)
墨の含ませ方 (1)
写経のお手本 (1)
写経筆の種類 (1)
墨が残った場合 (1)
写経セット (1)
使用後の硯 (1)
写経に向く硯 (1)
写経用紙について (1)
写経に適した墨とは? (1)
墨をする際の水の量と墨の磨り方は? (1)
写経Q&A (1)
写経関連用語 (1)
写経の種類 (1)
書写した用紙の処置 (1)
筆の持ち方 (2)
写経筆の寿命 (1)
般若心経を唱える (2)
腕の構え方 (3)
第0章 般若心経の簡単な訳 (3)
般若心経漢訳 (1)
般若心経意味・訳文 (1)
般若心経書き下し文 (1)
第1章-1 般若心経とは (4)
題名の意味その1 (1)
題名の意味その2 (1)
題名の意味その3 (1)
題名の意味その4 (1)
第1章-2 般若心経のストーリー (4)
はじめに (1)
序文 (1)
本文 (1)
結文 (1)
第2章 観自在菩薩さまはどのようにして苦しみを克服したのか (16)
観自在菩薩さまはどんな仏さま? (1)
般若心経  行深 (1)
般若心経  般若波羅蜜多 (1)
般若心経 私たちが苦しみを超えるためには6つの方法 (0)
布施 (1)
持戒 (1)
忍辱 (1)
精進 (1)
禅定 (1)
智慧 (1)
般若心経 時 (1)
般若心経 照見 (2)
般若心経 五蘊皆空 (2)
般若心経 度一切苦厄 (1)
般若心経 舎利子1 (1)
第3章 苦しみの根元がわかれば、幸せへの道が見えてくる (9)
般若心経 色不異空空不異色色即是空空即是色受想行識亦復如是 (1)
般若心経 舎利子 (1)
般若心経 是諸法空相 (1)
般若心経 不生不滅不垢不浄不増不滅 (2)
般若心経 是故空中無色無受相行識無眼耳鼻舌身意無色声香味触法無限界乃至無意識界 (1)
般若心経 無無明亦無無明尽乃至無老死亦無苦集滅道無智亦無得 (3)
第4章 苦を取り除くための考え方とは (9)
般若心経 以無所得故菩提薩捶依般若波羅蜜多故 (2)
般若心経 心無罣礙無罣礙故無有恐怖 (2)
般若心経 遠離一切顛倒夢想究竟涅槃 (3)
般若心経 三世諸仏依般若波羅蜜多故得阿耨多羅三藐三菩提 (2)
般若心経 故知般若波羅蜜多是大神呪是大明呪是無上呪是無等等呪 (0)
般若心経 能除一切苦 (0)
般若心経 真実不虚 (0)
般若心経 故説般若波羅蜜多呪 (0)
第5章 「羯諦羯諦」はお釈迦様の励ましの言葉 (0)
般若心経 羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶 (0)
父母恩重経 (13)
現代語訳1 (1)
現代語訳2 (1)
現代語訳3 (1)
現代語訳4 (1)
現代語訳5 (1)
現代語訳6 (1)
現代語訳7 (1)
現代語訳8 (1)
現代語訳9 (1)
現代語訳10 (1)
現代語訳11 (1)
現代語訳12 (1)
現代語訳13 (1)
時事ネタ (14)
大谷徹奘 (9)
おすすめの本 (3)
写経に関する商品 (174)
(0)
般若心経に関する商品 (150)
延命十句観音経 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。