写経の代表である般若心経を詳しく説明しています。般若心経の本、サンスクリット語の本、大谷徹奘さんの本、玄奘三蔵の本、父母恩重経の本写経用紙、写経セット、などの通販も行っています。

初めて写経をする人のための般若心経意味解説 第3章 苦しみの根元がわかれば、幸せへの道が見えてくる
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

般若心経 無無明亦無無明尽乃至無老死亦無老死尽無苦集滅道無智亦無得 その3

般若心経 無無明亦無無明尽乃至無老死亦無老死尽無苦集滅道無智亦無得 その3



 前回の”その2”で触れた「無」についてもう少し深く触れてみたいと思います。

 今までの般若心経の経文をみても「無」で否定されているのは、どれも仏教では根本教説されているものばかりです。

 いわば、お釈迦様の教えの真髄といってもいいでしょう。それを否定する「無」とはどういうことでしょうか?般若心経はお釈迦様の教えを否定しているのでしょうか?

 

 いいえ、ここにも深い考えがあるのです。

 つまり、ここまで見てきた「無」には、単なる否定だけではない、別の意味があるのではないかと思います。

 

 仏教の経典は、どれもお釈迦様が亡くなってから編纂(へんさん)されたものです。

 多くの人々が多大な時間をかけて編纂しているうちに、お釈迦様の教えを曲解するようなことも起こったのではないかと思います。

 お釈迦様の偉大な教えを未熟なもの達が勝手に解釈してしまったことも想像できます。

 それを訂正するために、細かなところまで定義しなければならなくなったりしてどんどん教えが複雑に定義されることも起こりえます。

 そうなると、細かいことばかりにこだわって本当の教えが分からなくなってしまうこともあるでしょう。


 今日の法律も同じようなことが言えます。あまり、細かな部分にこだわりすぎて人を守るべき法律が、悪いことを考える人のための道具に変化してしまうこともよくあることです。

 般若心経も苦を取り除く般若波羅蜜多の行の大切さを教えているのに、あまり定義にこだわりすぎてしまうと苦を取り除く教えが苦を生み出す原因になってしまうのです。

 
 だからこそ、般若心経ではお釈迦様の根本教説の前に「無」をつけてこだわりがちな私たちの気持ちを諫(いさ)めているのだと思います。

 例えば、日常よく使う言葉に「無欲」という言葉があります。人によって使い方はさまざまですが、「あいつは欲がないやつだ、もっと欲張ってもいいのに・・・」と否定的にとらえる人もいれば「あのひとは欲張らない調和の取れた人だ」と肯定的にとらえる人もいます。

 私は、後者の意味でとらえるべきだと思います。理由はうまく言えませんがその方が心がほっとするからです。

 もう1つ「無力」という言葉。「俺は何て無力なやつなんだ」と嘆いたりもしますが、「力の抜けたリラックスしたいい状態」という意味でとらえることも出来ます。



 また、最近ニュースで毎日のように報道されているアカデミー賞外国語部門受賞の映画おくりびと」では、「納棺師」という職業にスポットがあたっています。

 俳優の本木雅弘さんの美しい所作が高い評価を得ていますが、あの映画が高い評価を得たのは「寸分狂いもない納棺師の所作」が良かったからではなく、「納棺師」を通して「死」とどう向き合っていけばよいのか、という心を世界中の人が大きく揺さぶられたからだと思います。

 本木雅弘さんの演技が作法に気を取られすぎて、1つ1つの演技に心がこもっていなかったらきっとアカデミー賞は取れなかったでしょう。


 長くなりましたが、般若心経はどんなにすばらしい教えであっても定義や理屈ばかりにこだわっていると役に立たないものになってしまうことを説いているのだと思います。

初めて写経をする人のための般若心経意味解説トップページへ
初めて写経をする人のための般若心経意味解説サイトマップへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 珍しい趣味へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

般若心経 無無明亦無無明尽乃至無老死亦無老死尽無苦集滅道無智亦無得 その2

般若心経 無無明亦無無明尽乃至無老死亦無老死尽無苦集滅道無智亦無得 その2



 苦集滅道(くじゅうめつどう)とは・・・。これは、仏教の大切な教義を示す語句です。

 「苦」・・・人生の苦しみ
 「集」・・・煩悩の集積
 「滅」・・・煩悩を滅ぼすこと
 「道」・・・煩悩を滅ぼすための方法
 
 これは、「四諦(したい)」ともいい、これこそがさらに今の自分を超えるための人間関係の結果といえるものです。

 
 ”その1”で記事にした「十二因縁」もこの「四諦」もじつに深い分析ですが、その反面、分析が進めば進むほど逆にそこにこだわりが生じてしまいます。

 こだわりが生じれば、そこから苦が生じます。

 だから、こだわりを持ちすぎてはいけないということを示すためにそれぞれの言葉に「無」という言葉を付けているのです。

 
 さらに、「智」や「得」の前にも「無」がついています。

 これは、仏法を学んだから賢くなる(智)とか、何かを得られる(得)などの見返りを求める心への戒めが込められているのでしょう。

 私は般若心経のなかで、この部分がとても大好きです。

 なぜなら、自分もこの「見返りを求める心」を持ったときがあったからです。

 数ヶ月前に薬師寺東関東別院潮音寺の副住職である大谷徹奘さんとご縁を頂き、説法を何度か聞かせて頂いたり、それに端を発して般若心経、薬師経、父母恩重経などの写経をし、意味を考えるようになりました。

 それなりに、知識を得て、考え方も変わりました。でも、すこし知識を持ったときから次に「これをほかの人に教えてやろう」という何ともおこがましい心を持ってしまったのです。

 例えば、妻に対して「そんなに欲張っちゃダメだよ」とか「子供の習い事もほどほどにして、もっと心で子供と接しないとダメだぞ」などと持論を展開して、相手に自分が良いと思った知識を植え付けようとしたのです。

 その裏側には「そんな俺を評価してくれ」という見返りの心があったのです。つまり、「智」「得」が逆に自分を苦しめたのです。

 大谷徹奘さんでさえ「今年で修行させて頂いて30年経ちました。それでもまだまだ自分は修行が足りないと思っています。」と説法でよくおっしゃっていました。

 わずか数ヶ月仏法をかじっただけの自分がどうして人に諭すことが出来ようか。こう思ったときに般若心経を始め多くの教えに頭を垂れる思いでした。

 おごり高ぶることなく繰り返し繰り返し(般若心経の経文でいうと「行深」の部分)自分を磨き続けることが大切だと気付きました。

 その1つの方法として写経があるのだと思います。このことに気付いてから自分にとって写経は「文字を写す」という作業だけでなく、自分を顧みる(チェックする)ツールとなっています。

初めて写経をする人のための般若心経意味解説トップページへ
初めて写経をする人のための般若心経意味解説サイトマップへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 珍しい趣味へ
にほんブログ村

般若心経 無無明亦無無明尽乃至無老死亦無老死尽無苦集滅道無智亦無得 その1

般若心経 無無明亦無無明尽乃至無老死亦無老死尽無苦集滅道無智亦無得 その1



 この部分では、お釈迦様が説かれた「縁起」や「四諦(したい)」という教えに対しても目が向けられています。


 「縁起」とは「縁がなければ起こらない」ということです。つまり、単体としての要素がいくら存在したとしても、それらに接点がなければ変化は生じないということです。

 この縁の連鎖には「無明」「老死」などの十二の要素があり、それをまとめたものが「十二因縁(いんねん)」とか「十二縁起」と呼ばれます。

 この縁起の考え方は、自分を「不変で絶対である」と思い違いをしている私たちに、縁の組み合わせが変わればすべてが変わるということをわかりやすく説いてくれています。

 

 以前の自分も「絶対に自分だけは変わらない」とか「昔からの考えをずっと持ち続けて変えないこと」に対する美学のようなものを持っていました。

 でも、今なら少し分かる気がします。「変えられないと思いこんでいるものを心に持ち続けていると、自分が成長するときの重荷になる」ということを。

 例えば、以前私は「父親は家族の支えにならなければならない」という考えを持っていました。そう思うお父さんは少なくないと思いますし、決して悪い考え方ではないと思います。

 しかし、それにこだわりすぎて妙に子供の前で意地を張ったり、弱いところを見せなかったりしていました。そんな父親の姿を子供の方から見れば、普段は「強くて頼りがいのあるお父さん」に見えるかもしれませんが、何か悩みを抱えたときに相談しにくかったり、弱い自分をお父さんに見せたくなくてつい嘘をついてしまう、という感情を子供に持たせてしまうことになります。

 父親は時に、相談相手に乗ってくれる存在、弱い自分を見せても受け入れてくれる存在として家族の要になるのではないでしょうか?

 毎日顔を合わせる家族でさえ、出会う瞬間瞬間で考えていることも違うし、つまり異なった接点を持っているのです。だから、そこに1つの考え方だけで人を支配できるはずはないのです。


 「過去を否定するな」とは申しませんが、こだわりすぎて目の前にある「安心」「幸せ」「家族」「仲間」などを失いかねないのです。考え方を少し変えるだけでも人は成長という変化をし続ける生き物なのだと思います。


初めて写経をする人のための般若心経意味解説トップページへ
初めて写経をする人のための般若心経意味解説サイトマップへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 珍しい趣味へ
にほんブログ村

般若心経 是故空中無色無受想行識無眼耳鼻舌身意無色声香味触法無眼界乃至無意識界

般若心経 是故空中無色無受想行識無眼耳鼻舌身意無色声香味触法無眼界乃至無意識界



 ここまでくると、だんだん、般若心経のこころである「空」というもののとらえかたが分かってきたのではないでしょうか。

 私たちの構成要素である五蘊は不変なものではない。ここでは、五蘊を私たちが認識しやすいように便宜上名称がついているが、それにとらわれすぎてはいけないと説いています。

 私たちが何かを認識するためには、経文にある「眼耳鼻舌身意」が必要です。これは、それぞれ眼(見る)、耳(聞く)、鼻(嗅ぐ)、舌(味わう)、身(触れる)、意(心を感じる)を象徴しています。

 では、眼(見る)について、本を例に考えてみましょう。

 私たちが本を本であると認識するためには、「対象としての本」と「本を見る目」と「本を理解する能力」が必要です。この3点のどれがかけても認識することは出来ません。

 そして、「眼耳鼻舌身意」の6種類にそれぞれ3点ずつの要素があるので、6×3=18となり、認識には18種類の働きがあることになります。

 しかし、これらの認識をどれだけ詳しく分析してみても所詮それはパーツでしかないのです。1つ1つのパーツにばかり目がいってしまうと、「変なこだわりにつながるのでそれはいけないよ」という意味で認識の前に「無」の字がついているのです。

 個人的には、この「無」は「不」という否定語とはちょっと違うのではないかと思います。般若心経においてこの「無」というのは「ダメ」ということでなく、「心から離す」という意味合いが強いように思います。だから、18種類の認識を意識しすぎることなく”ほどよく心から離す”ことが大事なのではないかと思います。

 余計な雑念を取り払ってこそ始めて般若心経の「空」のこころに近づけるのではないかと・・・写経をするときにもこころを無にしていろいろな考えを心から離すことで般若心経が心にしみてくるのではないでしょうか?
 
初めて写経をする人のための般若心経意味解説トップページへ
初めて写経をする人のための般若心経意味解説サイトマップへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 珍しい趣味へ
にほんブログ村

般若心経 不生不滅不垢不浄不増不減 その2

般若心経 不生不滅不垢不浄不増不減 その2



 今回は、「不」の意味として前回の続きです。「自分の思いだけで物事を見てはいけない」という否定の意味の「不」ですが、人間なかなかこの「自分の思い通り」という状態を手放すことが出来ないものです。

 例えば、自分が1メートルの長さのロープの片方の端を持っていると想像してみて下さい。そのロープのもう片方の端は柱に結びつけられています。そのままの状態で3メートル先にある本を取ろうとしても手が届かないはずです。

 これは、「自分の経験や主張をいつまでも握っている状態は、まさしくこのような姿」を表しているのです。このような状態では、どんなに頑張っても3メートル先にある本を取ることが出来ません。それどころか取れないことの不自由さからかえって苦しみを生み出してしまうのです。

 では、この苦しみから逃れるためにはどうしたらよいのでしょうか?答えは簡単です。ロープを放せばいいのです。そうすれば、体は自由になり求める本を簡単に手にすることが出来ます。

 いつまもロープを放さないのは、他ならぬ自分自身であり、もうそれ以上進めないと思いこんでいるのも自分なのです。そんなこだわりを捨ててしまえば、次のステージへ進むことが出来るのかもしれません。

 般若心経の空のこころとはそんな何ものにもとらわれない自由なこころなのではないでしょうか?では、そういう私は空のこころを常に備えた人物かといわれれば決してそんなことはありません。

 こんな記事を書いているきっと次の日には、いいえ、次の瞬間には自分の好き嫌い、損得で思い上がった行動をとるのだと思います。人間だれかに諭されたからってすぐに変われるものではありません。

 では、どうやって空のこころを備えていけばよいのか。その答えは写経だと私は思います。般若心経の経文にも「行深」つまり、繰り返し行うことに意味がある、と説かれています。一般の人間が何を繰り返しできるのかと言えば写経という文字を写す行為です。

 文字の意味をかみしめながら無心になって写経する。その中で「今までの自分は身勝手だった、思い上がっていた」などと自問自答する静かな時間を与えてもらえるのだと思います。そういった時間を少しでも自分の日常に取り入れることで般若心経の教えが、写経を通して人の心に少しずつ少しずつ響いていくのだと思います。

 無理することはないのです。1日に100枚も般若心経写経する必要もない。思い立ったときでいいので、または、気持ちが落ち着かないときほど写経をする意味があるともいわれています。

 自分の生活の中に、ぜひ、般若心経写経する習慣をとりいれてみてはいかがでしょうか?

初めて写経をする人のための般若心経意味解説トップページへ
初めて写経をする人のための般若心経意味解説サイトマップへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 珍しい趣味へ
にほんブログ村

おすすめ写経用品

フリーエリア

当サイトへのリンクについて

当サイトはリンクフリーです
■相互リンク申込みは下記よりどうぞ

初めて写経をする人のための般若心経意味解説の管理人へ連絡する
相互リンク(テキスト用)のリンクは下記をお使い下さい。

バナーをご利用の方は↓をお使い下さい! ブログバナー

フリーエリア

カテゴリ

トップページ (0)
サイトマップ (0)
リンク集 (0)
写経について (25)
筆の選び方・新しい筆のおろし方 (1)
写経の準備 (1)
写経の書き方 (1)
墨の含ませ方 (1)
写経のお手本 (1)
写経筆の種類 (1)
墨が残った場合 (1)
写経セット (1)
使用後の硯 (1)
写経に向く硯 (1)
写経用紙について (1)
写経に適した墨とは? (1)
墨をする際の水の量と墨の磨り方は? (1)
写経Q&A (1)
写経関連用語 (1)
写経の種類 (1)
書写した用紙の処置 (1)
筆の持ち方 (2)
写経筆の寿命 (1)
般若心経を唱える (2)
腕の構え方 (3)
第0章 般若心経の簡単な訳 (3)
般若心経漢訳 (1)
般若心経意味・訳文 (1)
般若心経書き下し文 (1)
第1章-1 般若心経とは (4)
題名の意味その1 (1)
題名の意味その2 (1)
題名の意味その3 (1)
題名の意味その4 (1)
第1章-2 般若心経のストーリー (4)
はじめに (1)
序文 (1)
本文 (1)
結文 (1)
第2章 観自在菩薩さまはどのようにして苦しみを克服したのか (16)
観自在菩薩さまはどんな仏さま? (1)
般若心経  行深 (1)
般若心経  般若波羅蜜多 (1)
般若心経 私たちが苦しみを超えるためには6つの方法 (0)
布施 (1)
持戒 (1)
忍辱 (1)
精進 (1)
禅定 (1)
智慧 (1)
般若心経 時 (1)
般若心経 照見 (2)
般若心経 五蘊皆空 (2)
般若心経 度一切苦厄 (1)
般若心経 舎利子1 (1)
第3章 苦しみの根元がわかれば、幸せへの道が見えてくる (9)
般若心経 色不異空空不異色色即是空空即是色受想行識亦復如是 (1)
般若心経 舎利子 (1)
般若心経 是諸法空相 (1)
般若心経 不生不滅不垢不浄不増不滅 (2)
般若心経 是故空中無色無受相行識無眼耳鼻舌身意無色声香味触法無限界乃至無意識界 (1)
般若心経 無無明亦無無明尽乃至無老死亦無苦集滅道無智亦無得 (3)
第4章 苦を取り除くための考え方とは (9)
般若心経 以無所得故菩提薩捶依般若波羅蜜多故 (2)
般若心経 心無罣礙無罣礙故無有恐怖 (2)
般若心経 遠離一切顛倒夢想究竟涅槃 (3)
般若心経 三世諸仏依般若波羅蜜多故得阿耨多羅三藐三菩提 (2)
般若心経 故知般若波羅蜜多是大神呪是大明呪是無上呪是無等等呪 (0)
般若心経 能除一切苦 (0)
般若心経 真実不虚 (0)
般若心経 故説般若波羅蜜多呪 (0)
第5章 「羯諦羯諦」はお釈迦様の励ましの言葉 (0)
般若心経 羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶 (0)
父母恩重経 (13)
現代語訳1 (1)
現代語訳2 (1)
現代語訳3 (1)
現代語訳4 (1)
現代語訳5 (1)
現代語訳6 (1)
現代語訳7 (1)
現代語訳8 (1)
現代語訳9 (1)
現代語訳10 (1)
現代語訳11 (1)
現代語訳12 (1)
現代語訳13 (1)
時事ネタ (14)
大谷徹奘 (9)
おすすめの本 (3)
写経に関する商品 (174)
(0)
般若心経に関する商品 (150)
延命十句観音経 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。