写経の代表である般若心経を詳しく説明しています。般若心経の本、サンスクリット語の本、大谷徹奘さんの本、玄奘三蔵の本、父母恩重経の本写経用紙、写経セット、などの通販も行っています。

初めて写経をする人のための般若心経意味解説 般若心経 五蘊皆空
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

般若心経 五蘊皆空 その2

般若心経 五蘊皆空 その2



 「照見」と「五蘊」の考え方を学んだ上で、今度は自分自身に当てはめて考えましょう。今までの自分に光りを当てて向き合ってみると、自分の考えや行動パターンというものは環境に合わせてどんどん変化していることに気付くでしょう。でも、それは決して悪いことではないと思います。

 私たちは変わり続けるからこそ、学べるとも言えるのではないでしょうか?たとえば、今はマイナスを指している針であっても、変化する存在であるならば、マイナスを指したままではないのです。

 動き続けていれば、やがてプラスにすることも出来ます。そして、そのような変化を受け入れ、自分の枠を広げていく考え方は「空(くう)」ととらえることが出来ます。

 例えば、コップに目一杯水を入れてしまうと、もうそれ以上に水は入りません。では、どうしたらそこに新しい水を入れることが出来るのでしょうか?

 私は、今あるコップの水を捨てることは今までの自分を否定することになるので、それはおすすめしません。その代わりに今よりも大きいコップに水を移せば、新たな水を入れる余地が生まれます。つまり、コップの中に「空いている部分」を作れば新しい水を入れられるのです。

 心も同じで、器を大きくし、変化に対応し、常に新しいものを受け入れれば、自分に固執するという苦の種をそだてなくて済むと思います。

初めて写経をする人のための般若心経意味解説トップページへ
初めて写経をする人のための般若心経意味解説サイトマップへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 珍しい趣味へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

般若心経 五蘊皆空 その1

般若心経 五蘊皆空 その1



 前回「照見」を紹介しましたが、では、何を照見するのでしょうか?般若心経では、照見の後に「五蘊皆空(ごうんかいくう)」という言葉が示されています。

 仏教では、人間の心身を成り立たせている要素を「色・受・想・行・識」の5つに分類し、これを「五蘊(ごうん)」といいます。このうち「色」だけが目に見える部分である肉体を意味する要素とされ、後の4つは目には見えない精神を表しています。その内容は「受」=感情、「想」=知覚、「行」=概念、「識」=理解です。

 私たちを分析すると、なんと5つの構成要素のうち、4つまでもが精神に関わっているわけです。全体の8割が精神に関わっている。ということは、私たちの感じる幸せ・不幸せには、精神的な問題が8割を占めているといえるのではないでしょうか。

 例えば、仲のよい友達と楽しく過ごしているときに、あまり仲のよくない友達がやってきたらその場の雰囲気が壊れて楽しくなくなってしまうことがあるでしょう。でも、楽しくなくなってしまったのは、自分の心の中に「嫌だ」とか「苦しい」という感情を多く入れてしまったからではないでしょうか?つまり、その仲の悪い友達が雰囲気をこわしているのではなく、その友達に対する「嫌だ」という感情が雰囲気を悪くしているのです。

 精神とは目には見えませんが、私たちの多くの部分を支配しているのです。


初めて写経をする人のための般若心経意味解説トップページへ
初めて写経をする人のための般若心経意味解説サイトマップへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 珍しい趣味へ
にほんブログ村

おすすめ写経用品

フリーエリア

当サイトへのリンクについて

当サイトはリンクフリーです
■相互リンク申込みは下記よりどうぞ

初めて写経をする人のための般若心経意味解説の管理人へ連絡する
相互リンク(テキスト用)のリンクは下記をお使い下さい。

バナーをご利用の方は↓をお使い下さい! ブログバナー

フリーエリア

カテゴリ

トップページ (0)
サイトマップ (0)
リンク集 (0)
写経について (25)
筆の選び方・新しい筆のおろし方 (1)
写経の準備 (1)
写経の書き方 (1)
墨の含ませ方 (1)
写経のお手本 (1)
写経筆の種類 (1)
墨が残った場合 (1)
写経セット (1)
使用後の硯 (1)
写経に向く硯 (1)
写経用紙について (1)
写経に適した墨とは? (1)
墨をする際の水の量と墨の磨り方は? (1)
写経Q&A (1)
写経関連用語 (1)
写経の種類 (1)
書写した用紙の処置 (1)
筆の持ち方 (2)
写経筆の寿命 (1)
般若心経を唱える (2)
腕の構え方 (3)
第0章 般若心経の簡単な訳 (3)
般若心経漢訳 (1)
般若心経意味・訳文 (1)
般若心経書き下し文 (1)
第1章-1 般若心経とは (4)
題名の意味その1 (1)
題名の意味その2 (1)
題名の意味その3 (1)
題名の意味その4 (1)
第1章-2 般若心経のストーリー (4)
はじめに (1)
序文 (1)
本文 (1)
結文 (1)
第2章 観自在菩薩さまはどのようにして苦しみを克服したのか (16)
観自在菩薩さまはどんな仏さま? (1)
般若心経  行深 (1)
般若心経  般若波羅蜜多 (1)
般若心経 私たちが苦しみを超えるためには6つの方法 (0)
布施 (1)
持戒 (1)
忍辱 (1)
精進 (1)
禅定 (1)
智慧 (1)
般若心経 時 (1)
般若心経 照見 (2)
般若心経 五蘊皆空 (2)
般若心経 度一切苦厄 (1)
般若心経 舎利子1 (1)
第3章 苦しみの根元がわかれば、幸せへの道が見えてくる (9)
般若心経 色不異空空不異色色即是空空即是色受想行識亦復如是 (1)
般若心経 舎利子 (1)
般若心経 是諸法空相 (1)
般若心経 不生不滅不垢不浄不増不滅 (2)
般若心経 是故空中無色無受相行識無眼耳鼻舌身意無色声香味触法無限界乃至無意識界 (1)
般若心経 無無明亦無無明尽乃至無老死亦無苦集滅道無智亦無得 (3)
第4章 苦を取り除くための考え方とは (9)
般若心経 以無所得故菩提薩捶依般若波羅蜜多故 (2)
般若心経 心無罣礙無罣礙故無有恐怖 (2)
般若心経 遠離一切顛倒夢想究竟涅槃 (3)
般若心経 三世諸仏依般若波羅蜜多故得阿耨多羅三藐三菩提 (2)
般若心経 故知般若波羅蜜多是大神呪是大明呪是無上呪是無等等呪 (0)
般若心経 能除一切苦 (0)
般若心経 真実不虚 (0)
般若心経 故説般若波羅蜜多呪 (0)
第5章 「羯諦羯諦」はお釈迦様の励ましの言葉 (0)
般若心経 羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶 (0)
父母恩重経 (13)
現代語訳1 (1)
現代語訳2 (1)
現代語訳3 (1)
現代語訳4 (1)
現代語訳5 (1)
現代語訳6 (1)
現代語訳7 (1)
現代語訳8 (1)
現代語訳9 (1)
現代語訳10 (1)
現代語訳11 (1)
現代語訳12 (1)
現代語訳13 (1)
時事ネタ (14)
大谷徹奘 (9)
おすすめの本 (3)
写経に関する商品 (174)
(0)
般若心経に関する商品 (150)
延命十句観音経 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。